Vol.82 現代っ子は、太っ腹が多い?

新学期も始まり、健康診断のシーズンですね。実は最近、メタボ気味の子どもが増えているのだとか。文部科学省が平成25年度に行った調査によると、小学校6年生男子の場合、ほぼ10人に1人が肥満傾向。子どもの頃から内臓脂肪がつき、糖尿病、高血圧などを患っていたり、動脈硬化が始まることもあるようです。そして肥満児の約70%が、大人になっても肥満のままともいわれています。食習慣が気になるところですが、意外なことに、食事よりも生活習慣の乱れが肥満の大きな要因なのです。

まず気をつけたいのが夜更かし。夜遅くまで起きていると、食欲を刺激するホルモンが大量に出る一方、食欲を抑えるホルモンが減少して太りやすくなります。早寝早起きを心がけましょう。また、早食いも太る一因に。よく噛まずに急いで食べると、十分な量を食べていても満腹感が得られず食べ過ぎになりがち。食事は、会話を楽しみながらゆっくりと味わいたいですね。これらの肥満対策は子どもから大人まで効果的。体を動かすには最適な季節です。生活習慣を見直しながら、休日には親子で早起きをし、体をしっかり動かして楽しく肥満予防しませんか。

掲載年月 2014年04月

三角の再生ボタンをクリックすると、上の文章をナレーターによる音声でお楽しみいただけます。